ホーム » メールや電話における基本的なルール・マナー

メールや電話における基本的なルール・マナー

社会人になると、多くの職場で業務に関するメールや電話の対応を余儀なくされる。
連絡する相手と円滑なコミュニケーションを図るためには、基本的なルールやマナーを把握しておくことが重要だ。
一人でも多くの人が意思疎通における誤解や不快な思いをしないために、以下ではメールや電話のルール・マナーをまとめていく。

まずメールでは、明確で分かりやすい表現を心がけることが重要だ。
受け取る側が内容を正しく理解できるよう、冗長な表現や曖昧な言い回しを避けるのが望ましい。
また、丁寧な挨拶や結びの言葉を使うことで、相手に対する敬意を示すことができる。メールの書き方の面では、件名や本文の構成にも注意が必要だ。
件名には簡潔でわかりやすいものを付け、相手が一目見ただけでメッセージの内容を把握するのがベストだ。
そして本文では段落を使い分け、整理された文章構造を心がけよう。

次に、電話では適切なタイミングでかけるのがマナーだ。
相手のスケジュールや忙しさを考慮し、不都合な時間帯に電話をかけないよう心がけよう。
電話をかける際には事業所を含む自己紹介をきちんと行い、相手が自分が誰であるかをきちんと名乗ろう。

そしてメールと電話の双方において、言葉遣いに気を配る必要がある。
常識的な敬語や丁寧な表現を意識して、言葉を発するようにしよう。
加えて、返信や連絡を遅らせすぎないことも大事だ。
相手からのメールや電話には迅速に返信し、必要な情報を即座に提供することは、信頼関係の構築にもプラスな影響を与えるものだ。

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930